環境問題で関心が集まるBEMS。その概要やポイントについて解説します。

HOME>ホットトピックス>ビルのエネルギー消費量を可視化して管理する

目次

ビルエネルギー管理システム

夜の街並み

環境問題に関心が高まる中で、省エネ化に力を注ぐ企業が増えています。その中で注目されているのが、BEMS(ベムス)です。BEMSとは、ビルエネルギー管理システムの略称であり、エネルギーの消費量を見える化させ、効率よく管理する手法のことです。

EMSとは何か

悩む女性

BEMSのEMSとは、「Energy Management System」の略称です。これはエネルギー消費量を可視化させるために、ICTなどを駆使した技術のことをいいます。ちなみに、ビルを対象としたのがBEMS、工場などを対象としたのがFEMS(FはFactoryの略称)です。

エネルギーの大量消費を抑える

一般的にビルや商業施設等では、非常に大量のエネルギーを消費しています。エネルギー消費量を抑えることは、企業のコスト削減につながるだけではなく、温暖化などの地球環境問題解消にも大きく寄与します。それをビルの設備を使って行うシステムがBEMSなのです。

見える化が非常に大切

エネルギー削減でポイントとなる消費量の見える化とは、ICT技術を駆使して収集したデータを集計し、グラフ化などして解析することです。データは時間や年単位など、様々なスケールで集計していきます。データ解析することで、いつにどれ位の電気を消費しているかが分かります。それを基にエネルギー管理計画を作成します。エネルギー消費削減目標を立てて、これをスタッフ達に実行させることがBEMSの大きな役割といえます。

広告募集中