商品の品質維持に必要な外観検査を実施する時に知っておきたいこと

AI活用で費用を抑えることが可能

工場

製造業において、製品の品質を維持するために製造ラインの検査は必須です。加工などではAIや機械を利用した自動化が進んでいますが、検査は多くの企業が目視に頼っているという現状があります。人間の目で確認することで不良を見つけることはできますが、人材の質や判断能力によって不良品が出てしまうリスクがあるのです。そのため、外観検査を自動化するメリットは大きく、検査の効率化にもつながります。画像検査やAIを利用した検査は、検査のスピードをあげ、一定の検査基準を保つことができるのです。検査結果をデータとして保存することも可能で、自動化することでより人件費も削減することができます。そのため、画像センサーや画像を処理するシステムを製造ラインに導入している企業が増えています。低価格な汎用画像検査ソフトは10万円以内から導入することができ、大掛かりなシステムやプログラミングを組む必要がありません。小規模の工場や企業でも効率的な検査が可能です。

製造ラインに応じた検査項目

女性作業員

外観検査は、どんなものを製造しているのかによって確認する項目も異なってきます。金属を製造する企業であれば、ネジの不良を確認する必要があります。食品製造であれば、消費期限が誤りなく印字されているかなど確認が必要でしょう。異物の混入や部品の欠けなどは、画像処理システムによって多くの場合判断が可能になっています。小さな傷やへこみなどは、人間の目視によって確認されることが多いのですが、商品の全てを細かく確認するのは困難です。検査員の質によっては、品質が安定しないため、不良品が流通してしまうことがあります。画像検査は、技術革新とともにAI機能を搭載している製品も増えました。専用の照明や高機能なスキャンカメラを備えており、光の角度によって見にくい小さな傷でも検出することができるのです。食品製造では、印字のズレや異品混入など注意すべき点が数多くあります。目視で印字ミスを見つけるのは容易ではありませんが、OCRという光学文字認識技術を用いた画像処理では、バーコードや印字ミスなども検出することが可能です。製造品の素材がどんなものかによって、画像処理で必要になる技術は異なります。その業界にマッチした外観検査を導入することが重要です。最適な外観検査をすることで、商品の質を保ち、安全でクレームを生まない製品を製造することにつながります。人的検査に頼っている企業こそ、検査の自動化をすることで効率的に検査をすることができるでしょう。

広告募集中